古モノを扱うお店です。


by tanishidou

津軽のこけし 阿保六知秀工人

 本日より明日まで高円寺で開催している『はじめての伝統こけし in 高円寺フェス2011』に行ってきました。

 実は、今年からこけしに興味を抱きまして、ちょっと夢中の最中です。なぜこけしに?と言いますと、西荻窪にあるベビヰドヲルさんで『ちゃさんぽー』の時のこけし展を拝見して、おお〜これはなんて言う世界なんだ!!と感動してしまい、そこから始まりました。古道具の市場ではこけしが時々出てきますが、何とも思わなかった為、私の前をスイスイ通りすぎて行ってました。が、今は只では通りすぎません。一応すべてご拝見、ってな感じです。一番最初に興味をもったこけしが津軽のこけしでした。鳴子こけししか知らなかったわたしは、こんな素朴な顔をしたこけしがあるとは、こっちを向いて微笑んでる?ように見えちゃいました。今の心境を語ると長くなるので、ここまでにして。

 実は今回高円寺にあしを運んだ理由はもう一つ。阿保六知秀工人に会うためです。
11月23日より始まる『食べられない くだもの市場』の時に我が店田螺堂では、なんと阿保六知秀工人の『リンゴ頭こけし』の頭の部分の『リンゴ頭こけしだるま』を目玉商品として、並べるからです。
 この企画でリンゴのものをと探していたら、ベビヰドヲルさんより『確かリンゴこけしを作っている工人さんがいたはずよ。ネットで見てみたら?』と教えて頂き、その通りにネットで検索したら出てきました阿保さん。で、直接というよりは阿保さんのこけしや津軽の物産を販売しているお店にたどり着き、お願いした訳です。その方も本当に親切な方で、津軽なまりの言葉が耳にジ〜ンと残りました。
で、ご本人が高円寺フェスにいらっしゃるとの事で、早速今日、会いに行きました。
会場は歩けない程の人で、30代〜40代前半の方でもみくちゃ状態。やっとのことで、お話が出来る所までたどり着きました。少ししかお話が出来ませんでしたが、すごく優しい方で、「これが終わったら、色付けして送るから〜」とお言葉を頂き、感謝感謝で結構私は頭がパニック状態でした。かなりわたしは、変な注文をしてしまい申し訳なかったという気持ちだった事が、ご本人にお会いして、ゆるりと緊張の縄がほどけてきたような気がしました。

 明日、トークショーが夕方からあります。
行く予定にはしていませんでしたが、こけしの工人の方のお話を聞けるのは数少ないと思い、行く事にしました。ですので、明日はお店を急遽、お休みとさせて頂きます。

 話が長くなりますので、このくらいにして、また改めてこけしの話や『食べられません くだもの市場』の話をします。

a0231102_20254595.jpg
a0231102_20252976.jpg
a0231102_20251719.jpg
 
a0231102_2025415.jpg


今日買ったこけしと、次なる企画展の紹介です。
皆様是非足を運んで下さい。

古布古紙古道具 田螺堂
☎0422−23−7212
[PR]
by tanishidou | 2011-11-12 20:31 | 田螺堂の企画展