カテゴリ:まわりの人々( 5 )

HARE-yaさんの下駄

a0231102_1252033.jpg

a0231102_1252145.jpg


 下駄を作っていると言う珍しい職業の方が店に来た。
 下駄に描かれた絵は、ろうけつ染。
 パッと見、古典的な印象を持つが、
 いやいや、現代に生きている前衛的履物だと思う。
 
 おしゃれは足下からと言うが、
 この下駄を履いた着物姿の方は、一目おかそうだ。
 
 製作者の彼女は、下駄以外にも
 年に1度、ポチ袋も作るそうだ。
 それまた、彼女の別の世界が広がっている。

 すごく綺麗!!
 と、久々に思った。
 なので、紹介しちゃった。

 HARE-ya さんのホームページ
  http://hare-ya.com/
 気になった方見てね。
 
 
a0231102_13253887.jpg
   
a0231102_13252958.jpg


 写真はご近所のギャラリー「蚕室」さんで撮らせてもらった。
 蚕室さんで3/8まで「椿と春の庭 展」開催中。
 そこに下駄が置いてあるよ!
 この下駄は写真より、実物の方が断然良い!




 田螺堂、田螺堂喫茶室の
 3月の営業日
 お休みは、毎週水曜日と、
 10日(火)、
 19日(木)〜22日(日)
 *28日(土)と29日(日)
 この日は、たぶん「なおんど」で喫茶営業也。
 西荻店舗は休みの予定。
 後日詳しくお知らせ予定。
 


 田螺堂と田螺堂喫茶室 
 〠167−0042
 杉並区西荻北4−18−8
 ☎03−6913−7621

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by tanishidou | 2015-03-01 13:32 | まわりの人々

鉄女子参上! 


 今週の田螺堂新店舗情報
 本日快晴
 10時より木工男子ヒロに入り口の戸車直しをしてもらう。
 新しい戸車をつけて、さあ出来上がり!と思いきや、
 戸がスムーズに動かない。
 ん〜
 レールが曲がってる。極端に曲がってる。
 原因はこれだ〜。と言いながら、レールを外す。(簡単に外れた。)
 外したは良いが、これからどうするの?
 そんな時、思いついたのは鉄女子の丹尾敏だ。
 電話してすぐに来てもらう。

 えっ外しちゃったの?じゃここをハツって、レールを新しく作り、コンクリを流せば完成よ!
 そんな話がまとまりお昼を食べてから始動開始となったのである。

 午後一、ハツっている間にレールの溶接を終えて、
 3m60cmのレールと溶接機もった丹尾さんが登場。
 レールをパンパンいれて、アンカー入れて溶接して。
 コンクリいれて、乾き待ち。その時6時30分頃。

 
a0231102_2314923.jpg

 
 次の仕事がありますから、私はこれで。と鉄女子。
 本当に今日連絡くれて良かったです。明日から次の仕事でいっぱいです。と鉄女子。
 
 
a0231102_23144871.jpg


 本当に奇跡の一日。
 と思いながらコンクリ乾かし待ち。只今9時20分頃。
 今日一日で、「これは大変よ〜」と言われて来たことが出来ちゃった。
 とにかく凄い!!ありがとう鉄女子丹尾さんとヒロ!!
 感謝感謝。開け閉めに10分かかっていた入り口が、
 今日の帰りは、数秒よ!!ありがと〜!

 田螺堂新店舗情報
 入り口完成。ペンキ塗りは後日。
 配電盤付け終わった。東電待ち。
 トイレの手洗い器設置準備とかき氷店の水場の水道の配管出来上がり。

 

 田螺堂 まだまだ改装中
 〠167−0042 東京都杉並区西荻北4−18−8
 http://tanishidou.exblog.jp/
 只今は電話なし

 

[PR]
by tanishidou | 2014-06-16 23:20 | まわりの人々

ツルツルうどん

a0231102_13582894.jpg


 この間、道具の市場でお菓子師匠のミチヨさんに貰った「ツルツルうどん」。
 さっき作って食べてみた。
 名前の通りツルツルして、とてもおいしい。
 
 乾麺を茹でる時に、パッケージの裏面を見て、説明通りに茹でる。
 いつもは、適当に読んだふりをして、茹ででいる。
 が、今回はちょっと違った。
 よく読む私がそこにいる。特に赤字で書かれている所。
 
a0231102_1441633.jpg


 『乾めんはゆで方が肝心!』んっ。
 まずは、そこに惹かれ、ぐんぐん読む。
 4の所の赤字で書かれている所は、なんで?なんて思ってしまう。
 (いつも他のものは、塩っぱかったり、粉っぽいので、水で洗うからである)

 食品の説明で、とてもわかり易く、読み易く、おいしく出来るコツがちゃんと書いてある。
 パッケージも手に取ってしまいたくなる兎のマーク。(これは好みだけれど)
 このデザインは、D&DEPARTMENT のものだった。
 
 日常使うモノのデザインってこういうことなんだよね!って思った。





 〠180−0003 武蔵野市吉祥寺南町3−32−2
 ☎0422−24−7212
 ブログ http://tanishidou.exblog.jp/
 古布古紙古道具 田螺堂(タニシ堂)





 
 
 
 
 
[PR]
by tanishidou | 2012-11-08 14:21 | まわりの人々

カモかも

 さっき、西荻某店の玄関先に、カモが。
 置物かと思ったら、本物だった。

 このカモ、朝からここにいたみたいだけど、一度この場を離れ50m先まで歩いて行ってしまった。30分後に人がザワザワしていたので、見てみると、またその店の玄関先にいるではないか。

 なんだ?このカモ。

 最終的には、役所がお休みなので、井の頭動物園に持っていって、その後をお願いした。
 動物園飼育員さん曰く、「カルガモだね。どこも悪い所はなさそうだね。骨も折れてないし、栄養が足りない訳じゃないし、歩けそうだし。ちょっと様子を見て、元気なら、もといた場所に勝手にもどるでしょう。」

 どこも悪くないなんて。
 さっき見せた、あの弱々しい目、いじけた様子はなんだったんだ。
 「助けてよ〜」みたいなあの態度は、なんなんだ。
 
 もといた場所って?
 もしかして、また戻って来たりして。もといた場所に。

a0231102_1595495.jpg


 

 180−0003 武蔵野市吉祥寺南町3−32−2
 ☎0422−24−7212
 ブログ http://tanishidou.exblog.jp/
 古布古紙古道具 田螺堂(タニシ堂)

 

 
[PR]
by tanishidou | 2012-09-16 15:12 | まわりの人々

最後の風景 

a0231102_14341396.jpg




 「最後の風景」は、有ちゃんが撮っている。
 この映像に出てくる人々は、演技ではなく、いつもの日常を過ごしている人たち。

 「りみちゃんは、わからないだけで、奇跡はいっぱい落ちているんだよ。」だったかな?そんな言葉を言ってたことを、お隣の井出さんから聞いたことがある。
 
 有ちゃんの造り出す映像や写真は、普通の人の日々の出来事が、色濃い普通の日々の出来事に見えてしまう。

 只の酒飲みかと思っていたら、只じゃ済まないようだ。



 星野有樹 1973年生まれ。映画監督・写真家。
  本人ブログ http://blackscreen.weblogs.jp/
  「最後の風景」 http://blackscreen.weblogs.jp/lastlandscape/
 



 
  
  180−0003 武蔵野市吉祥寺南町3−32−2
 ☎0422−24−7212
 ブログ http://tanishidou.exblog.jp/
 古布古紙古道具 田螺堂(タニシ堂)
 














 
 
 
[PR]
by tanishidou | 2012-07-08 15:24 | まわりの人々